スポンサーリンク

【ランガちゃん】Run Girls, Run!のショーケースイベントVol.2の1部(昼)に行ってきた感想です。

スポンサーリンク

××

こんにちは、まなべやです。

今日は、『Run Girls, Run! ショーケースイベント 位置についてよーいドン! Vol.2』1部(昼)の感想を書いてみたいと思います。

ネタバレしかしていませんので注意してください。

f:id:manabeya-wug:20171029153603j:plain

セットリスト

1.16歳のアガペー

2.タチアガレ!

・5秒で答えろQ&Aコーナー

・朗読劇 文化祭

3.レザレクション

4.カケル×カケル

感想

f:id:manabeya-wug:20171029153659j:plain

AKIBAカルチャーズ劇場で行われた、Run Girls, Run!(ランガちゃん)のショーケースイベントに行って来ました。

初めてのライブ会場だったのですが、すごく見やすくてとっても気に入りました。

音もデカかくて圧もあったし、人数も300人弱満員で凄くいい感じの箱でした。

椅子席と後ろの方に立ち見席があります。

椅子席は座っての応援なので、後ろの立ち見席でもかなり詳細にステージを見る事ができます。

両脇に2本大きな柱があって、その後ろだとやや見えない場所もあるのですが、ちゃんとモニターがついてあったりして、配慮されていました。

●     ●     ●
一言で言うと、凄く良かった。

最初、ライブが始まる前にランガちゃんの円陣の掛け声が聞こえてきて、なんだか泣きそうになってしまいました。

この会場だと、毎日毎日そういう掛け声が客席まで届いてるのだなと思うと、エンタメの素晴らしさを感じたりして、エモさの極みとはこの事だと感じたりもしたのです。

その後、overtureが流れます。

激アツ。

ランガちゃん登場。

よかったんですけど、正直、何か物足りないような、少し複雑なそんな気持ちになっていました。

ランガちゃんも緊張していたのかも知れません。

それが客席に伝わっていたのかも知れません。

いや、違うな。

多分、求めすぎているのでしょう。

もっとできるはずだ、とそんな気持ちにさせてくれる素晴らしいユニットなのだと思います。

その後、Q&Aのコーナーへ。

色々あって面白かったんですが、その答えというか、ひとつひとつの問題と答えをブログかなんかでおさらいしてくれたらいいな、と思いました。

Q&Aで一番印象的だったのが、声優になった後の友達の話。

みんな応援してくれてるって言ってて、いいなあって思ったよね。

あと、林鼓子さんのポテト、森嶋優花さんの武道館、厚木那奈美さんの甘いもの、それから出身地の事とかも面白かった。

ライブツアーで出身地に凱旋とか最高だよね。

で、最終日が武道館単独。

当日のお客さんが300人ぐらいだから、30倍ぐらいカケル×カケルしてお客さんを10000人にすれば武道館も夢じゃない。

その後は朗読劇。

もっちーが島田真夢が走ってる所とか、菊間夏夜のブーツ投げを知ってるっていうのがまた面白い解釈が生まれそうだった。

本来はWUG内だけの話なので、ランガちゃん始め誰もが知らないはずなのですが、それをもっちーが真似したということは、なんか、見たんだろうというのが自分の解釈です。

つまり、なんか見たんですよ。

記録的なやつを。

青葉の記録的なやつを。

2017年1月19日(木)~22日(日)のどれかに。

ツイッターでも話題になっていた、劇中劇説が濃厚になってきましたな。

WUG舞台が劇中劇だったとしたらアニメ内でWUG舞台が開催されていて、それをアニメ内のもっちーは見に行って、島田真夢が走った所とか、靴を投げつけたりする所を見たんじゃないかと思います。

WUGさんとあまり話せていないみたいなのかなあ。

Q&Aだったっけ、MCだったかも知れないけど。

そうなんだ、って思って。

もっと普通に?話したりしてるのかと思ってたんですけど、ああ、4年も先輩だったらすぐには無理かあ、とすぐ思い直しました。

WUGちゃんとランガちゃんの関係って珍しいと思うし、まだ、これからでしょうかね。

Run Girls, Run!
スポンサーリンク
まなべやわぐ!をフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
まなべや星

コメント